診療案内

診療案内

当院の内視鏡は...

当院の内視鏡は...

経鼻内視鏡という通常よりも細い内視鏡(スコープと呼びます)を使用し、
食道・胃・十二指腸を観察します。口から行う内視鏡よりも
苦痛がなく行えるというメリットがあります。
「内視鏡検査を受けるのに抵抗がある方」や「病気も不安だけど検査も心配」
という方は外来受診の際にご相談ください。
朝一から検査を行い、検査後に一緒に画像を見ながら説明を行います。
午前9時半頃までには検査と説明が終了します
(病理検査結果などは後日説明します)。

BOXEND

なぜ胃がん検診が必要なのか

なぜ胃がん検診が必要なのか

胃がんは“がん”の中でも罹患率は男性で第2位、女性で第3位とまだ数の多い病気です。
(死亡者数は第2位)

粘膜層や粘膜下層にとどまっている「早期がん」の時期ならば、手術で100%近く治りますが、筋層やさらに外へ進むにつれ、治る率はだんだん下がってしまいます。

早期発見、早期治療がいかに大切かということです。
早期がんの時期は、ほとんど自覚症状がないので、毎年(ないしは2年に1度)定期的に検診を受けるようにしましょう。

BOXEND

北区胃がん検診・胃がんハイリスク検診のご案内

北区胃がん検診・胃がんハイリスク検診のご案内

当院は、北区胃がん検診・胃がんハイリスク検診の実施医療機関となっています。

BOXEND

北区胃がん検診

北区胃がん検診

※当院では内視鏡検査(胃カメラ)を行っております。

対象者

北区にお住まいの50歳以上の方で、前年度胃内視鏡検査を受診されていない方。

※次の方は検診を受けられませんのでご了承ください。

  • 妊娠している方、または妊娠している可能性のある方
  • 今年度、胃がん検診(胃内視鏡検査、胃エックス線検査とも)を受診した方
  • 前年度、胃内視鏡検査を受診した方
  • 勤務先等において、同様の胃がん検診を受診できる機会のある方
  • 胃全摘術後の方
  • 医師が診察した結果、胃がん検診を受診することが困難であると判断された方
  • インフォームドコンセントや同意書の取得ができない方
  • 疾患にかかわらず入院中の方
  • 胃疾患で治療中の方(ピロリ菌除菌中の方含む)
  • 咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方
  • 呼吸不全のある方
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある方
  • 明らかに出血しやすい方またはその疑いのある方
  • 収縮期血圧が極めて高い方

検診実施期間

【検診実施期間】
令和3年6月1日から令和4年1月31日

【申込受付期限】
令和3年12月24日

申込み方法

  • 電話申込
  • 【北区健診コールセンター】 
    電話:03-3908-9034

  • はがき申込
  • 〒114-8508(住所不要)健康推進課健康係

  • FAX申込
  • FAX:03(3905)6500
    最上部に「胃がん検診(区内医療機関)」と記載してください。
    住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号をご記入ください。

BOXEND

北区胃がんハイリスク検診

北区胃がんハイリスク検診

対象者

今年度30歳、40歳になる方
(対象の方には、5月中旬に受診票が送付されます。)

※過去に胃がんハイリスク検診を受診したことがある方は対象年齢であっても受診できません。

※以下の項目にあてはまる方は、判定が困難であったり、治療を優先させる必要があるため、原則受診できません。

  • 受診時に上部消化器症状のある方
  • 食道、胃、十二指腸の病気で治療中や経過観察中の方
  • 胃を切除した方
  • 腎不全、腎機能障害の方(血清クレアチニン値3mg/dL以上の方)
  • すでにピロリ菌を除去している方
  • 胃酸分泌抑制剤(プロトンポンプ阻害剤)服用中または2か月以内に服用していた方
  • その他、医師の診察の結果、胃がんハイリスク検診の受診、判定が困難であると認める方

検診実施期間

令和3年6月1日~令和4年1月31日

予約方法

直接当院にお電話ください 
板垣医院 電話:03-3907-1450

自己負担金

1,000円
※検診受診時に、当院受付でお支払いください。なお、生活保護を受給している方は、自己負担金が免除となります。

検診内容

問診、血液検査(血清ペプシノゲン、血清ヘリコバクター・ピロリ抗体)

  • 血清ペプシノゲン検査
  • 血液中のペプシノゲンの量を測定して、胃の状態を調べる血液検査です。ペプシノゲンは、胃液に含まれるペプシン(消化酵素)のもととなる物質で、わずかな量が血液中に移行するため測定できます。この量が減少し一定の値に達すると「陽性」と判定されます。
    陽性とは、胃粘膜が萎縮し、薄くなっている(萎縮性胃炎の状態)と判断できます。萎縮性胃炎の状態は、胃がんなどの疾患が発生しやすい状態であると言われています。

  • 血清ヘリコバクター・ピロリ抗体検査
  • 血液中のピロリ菌の抗体の有無を測定し、ピロリ菌に感染しているかを調べる血液検査です。ピロリ菌は人間の胃の中に住む細菌で、ピロリ菌が胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎の原因のひとつとなるほか、ピロリ菌の感染と萎縮性胃炎があると胃がんになる危険性が高まるといわれています。

BOXEND

検診の詳細や受診票の再発行等にいては、北区の健康福祉部健康推進課健康係へお問い合わせください。

【北区健診コールセンター】 
電話:03-3908-9034

胃がん検診について

胃がんハイリスク検診について

  • ドクターズファイル
  • 北区ドクターズ先生
  • 北区ドクターズ患者様
  • すこやかこどもクリニック浮間

スタッフブログ

外部リンク当院・医師を紹介頂きました

  • ドクターズファイル
  • 北区ドクターズ先生
  • 北区ドクターズ患者様

提携クリニック

  • すこやかこどもクリニック浮間

スタッフブログ

pagetop
pagetop