診療案内

診療案内

一般診療

一般診療

内科
内科一般を診察しています。 風邪や発熱、胃腸障害、喘息、アレルギーといった日常よくみられる病気から、糖尿病、高血圧、高脂血症、メタボリックシンドロームなどの慢性疾患(生活習慣病)の管理まで広く診察いたします。 地域のかかりつけ医として幅広く対応し、経験を生かして、最適な治療を行います。じっくりと納得し、安心していただける対話と指導を通し、良質で信頼のおける医療の提供を行います。

詳細を見る

外科
程度の軽い挫創・切創(擦り傷や切り傷)などの処置を院内で対応します。
縫合が必要な場合は局所麻酔を用いて皮膚縫合を行う場合もありますが、程度が重いと判断した場合は適切な総合病院などへの紹介をさせ て頂きます。
※当院では整形外科は標榜しておりませんので、骨折などの対応は原則行っておりません。
消化器系のがん(主には胃がん、大腸がんなど)への質問や検査など当院で返答・実施可能なものは対応させていただきます。
血液検査、腹部超音波検査(エコー検査)、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

詳細を見る

漢方外来
日本東洋医学会専門医の診察が受けられます。
保険の適応があります。
診察は、ぼう診、脈診、舌診、腹診によって患者さんの証などとって相談しながら、漢方を勧めていきます。

詳細を見る

訪問診療
体調面などから通院することが難しかったり、自宅で療養したいときに、医師が定期的に自宅へ訪れ、診療や健康管理を行います。 在宅担当(斎藤)に申し出て下さい。
訪問診療は、基本的に医療保険の扱いでサービスを受けられます。
「居宅療養管理指導」として介護保険のサービスと利用にあたっては、かかりつけ病院の主治医やケアマネージャーに相談してください。

詳細を見る

BOXEND

小児診療

小児診療

小児科診療のコンセプト
乳児(1歳未満)のお子さんから、15歳までのお子さんを対象に小児科診療を行っています。
待合室には、大きくはありませんがキッズスペースを設け、待っている時間もお子さんが飽きないように工夫しています。 また、インフルエンザ、みずぼうそう(水痘)、おたふく、胃腸炎などの可能性が考えられるお子さんは2階にある完全個室のキッズルームを利用して診療しています。 授乳やおむつ替えなどが必要な際にも2階にある他の個室を利用できます。
当院では、風邪などの急性期の病気の他に、便秘症や気管支喘息などの診療にも力を入れています。
付添いの保護者の方が風邪をひいていたり、病気にかかっている場合もお子さんと一緒に診察をしますので、受付でお申しつけ下さい。 まだお話しができなかったり、うまく自分の症状を説明できないお子さんの診療では、特に普段の様子との違いや表情・しぐさなどに注意して診療しています。 われわれ医師に遠慮することなく、保護者の方からみたお子さんの変化も是非教えてください。それがお子さんのためでもあります。
お子さん自身も保護者の方も安心して受診できる診療を心がけています。
小児科
発熱、鼻づまり、鼻水、咳、のどの痛み、腹痛、便秘、おう吐、下痢など、お子様の体調不良や病気を幅広く診療いたします。
風邪や発熱といった、ある程度お子様がご自身の力で治せるような症状でも、自宅でのケアだけでは症状が長引いたり、悪化したりする場合もあります。
少しでも不安を感じられたら、些細なことでも、お気軽にご相談ください。
(※詳しい検査や入院が必要な場合は、周辺の地域連携病院へ、また外科や耳鼻咽喉科、眼科等にかかわる疾患の場合は、それぞれの専門医をご紹介いたします)
お子様の容体や症状を見て、気がかりな時はひとまず当クリニックまでご連絡ください。
そして保護者の方は慌てず、落ち着いて声をかけたり、寄り添ったりしてお子様を安心させてあげてください。それから、できる限り詳しく容体をチェックして、把握しておくことも大切です。

詳細を見る

小児予防接種
予防接種は、原因となるウイルスや細菌からワクチンを作り、それを接種することにより、乳幼児や子供が自分で免疫をつくり、生涯にわたって病気を予防できる力を与え、健康でいられるようになります。
また予防接種は、病気の大流行を防ぐという重要な役割も兼ねそなえています。
予防接種は必ず受けなければいけないというものではありませんが、「定期接種」は決められた接種期間なら無料で接種することができますので、子供を病気から守るためにも積極的に受けるようにしましょう。

詳細を見る

乳幼児健診
乳幼児健康健診は、赤ちゃんが健康に順調に育っているか、成長や発達のうえでの心配ごとや病気はないかなどを調べ、赤ちゃんそれぞれにあった子育てのアドバイスをする場です。
健診はふだんの悩みごとや心配ごとを、専門家と話しあうよい機会です。健康チェックや育児相談の場として、定期的に受診しましょう。
健診の結果、病気やなんらかの異常の疑いがある場合は、くわしい検査や専門医の診察が受けられることもあるので、何でも遠慮なく相談できるかかりつけの小児科医をもちましょう。 赤ちゃんの病気は急に発症することがほとんどなので(病気のサインに早く気づいて参照)、近所であればなお安心です。健診や予防接種もかかりつけの小児科で受けましょう。 「その子のいつもの状態」を知っている医師であれば、病気の程度の判断も、より的確にできます。

詳細を見る

BOXEND

その他診療

その他診療

健康診断
私たちが快適に生活していくためには、健康であることが基本です。
年に1回以上の定期的な健康診断を受けることをお勧めします。
また、法令で定められた特定業務に従事する場合、定期的にその作業に見合った検査を実施しなければなりません。そうした職場の方を対象に特殊健康診断も行っております。
会社にお勤めでない方や自営業者の方もお気軽にお問い合わせください。

詳細を見る

予防接種
ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、BCG、MR(麻しん風しん混合)、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎
以上のワクチンは小児の場合、対象年齢で都内在住の方であれば(公費負担のため)無料で受けることができます。
※必ず送られてきた予診票をお持ちください。
小児
B型肝炎ワクチン 3000円
ロタウイルス(ロタリックス®) 2回接種,1回11000円
 (初回接種は生後14週6日までの開始が推奨)
小児(定期予防接種の対象年齢以外)・成人
おたふくかぜ 5000円
水痘(みずぼうそう) 8000円
ヒブ(インフルエンザ菌b型) 8000円
エームゲン(A型肝炎) 8000円
B型肝炎ワクチン (成人) 5000円
ニューモバックス(肺炎球菌) 8000円
ガンマグロブリン 6000円
MR(麻しん風しん混合) 電話にてお問い合わせください
DPT(三種混合) 電話にてお問い合わせください
インフルエンザ

平成28年度は全国的にワクチンの数が少ないため、来院当日にお電話で在庫の確認をして頂けると助かります。当日に来院されても、在庫がなくお断りしてしまう場合もあります。

12歳以下 2回接種,1回2500円
13歳以上 1回接種,1回3000円

[1]区内在住の接種日現在65歳以上の方で、昭和25年12月31日以前に生まれた方

[2]区内在住の接種日現在60歳から64歳で、心臓、じん臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重度の障害を有し接種を希望する方。

以上の方は 予防接種予診察をお持ちの方は自己負担額 2500円


※72歳以上の方(昭和19年3月31日以前に生まれた方)及び接種対象者のうち生活保護等を受けている方は自己負担金が免除されます。

高齢者肺炎球菌ワクチン

65歳以上の方は、年齢に応じて定期接種・任意接種があります。お住まいのある役所担当へお問い合わせのうえ予診票をお持ちください。

北区へお住まいの方

北区へお住まいの方は,下記へご連絡下さい。

健康いきがい課コールセンター  電話 03-3908-9034
健康いきがい課健康増進係  電話 03-3908-9016

詳細を見る

内視鏡検査

当クリニックでは患者さまに少しでも楽に安心して検査を受けていただけるよう、経鼻内視鏡を導入しております。
さらに患者さまのご希望により鎮静剤を使うことで楽に内視鏡を受けていただくことが可能です。

胃内視鏡も出来るだけ初診の日に出来るように配慮しています(事前に電話での御予約をお願いいたします)。おなかの病気では?と思いましたら、お気軽にご相談ください。

患者さまが一番気になるのが、胃内視鏡に対する「不安感」と「恐怖感」であります。
当院では苦痛なく検査を受けて頂くため鎮静剤や最新の内視鏡設備などで備えております。

詳細を見る

AGA治療

男性型脱毛症,いわゆる薄毛治療を行っております。

当院では、ザガーロ、プロペシア、フィナステリドの3種類の薬剤の対応があり、それぞれに特徴があります。

詳細を見る

BOXEND

  • ドクターズファイル
  • 北区ドクターズ先生
  • 北区ドクターズ患者様

外部リンク当院・医師を紹介頂きました

  • ドクターズファイル
  • 北区ドクターズ先生
  • 北区ドクターズ患者様
pagetop
pagetop